スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善知鳥前隧道

では、浅虫連発で行きますよ♪

お次は...国道4号線旧道の廃隧道 善知鳥前隧道です。現国道4号線を通っていれば目にするもので小さい時からあそこに何かある(゜o゜)って青森方面に行く時家族には内緒でいつも横目でじーっと見ていた記憶があります。

ほら、あるでしょ?隣は現国道トンネル善知鳥トンネルです。実は現トンネルは東北本線の旧久栗坂隧道を道路トンネルとして改修転用されたものなのです。複線・電化を機に昭和42年(1967)3月8日新ルートへ切り替えられ、その13年後国道トンネルとして生まれかわったのです。改修されるまでは歩道トンネル専用だったそう。だから、現道トンネルも古いですね。

DSCF3178 (640x480)

ここを渡るには充分車に注意してくださいね。車通りが激しいですよ。隧道の前には盛り土がしてありそこを過ぎればあなたと隧道の二人きり?です。

DSCF3146 (640x480) (2)

フェンスがこちらも向こう側もめちゃくちゃになっていました。石組み坑門で延長は112m。昭和8年(1933)施工で昭和55年(1980)まで国道トンネルとしゅて活躍していました。目立つ損傷もなく奇麗です。隧道の大きさにたいして扁額が大きくどうだ!とアピールしているようで素敵です。
あと、左下に写っている白いものは元一級国道格の道路でしかみかけない距離標なのだそう。(後から知りました。汗)

DSCF3176 (640x480)

DSCF3148 (640x480)

では中に入ります。少々水滴がおちていたり染み出してはいるが水没している所もなくきれいでまだしっかりしているなという印象で現役でもいけそうです。
DSCF3153 (640x480)

DSCF3156 (640x480)

青森側入り口が見えてきました。

DSCF3157 (640x480)

これは浅虫側を振り返った所。ゴミもほとんど落ちていません。素敵な貴重な隧道なのに変な噂話などで気持ち悪いなどのレッテルを貼られたままこの隧道が忘れられていくのはとても哀しいことだと思う。興味ない人には気味悪いトンネルかもしれないけど、私は出来るだけこの目で本質を見ていきたいです。古いものたちがいつ朽ち果ててしまうかわからないもんね。

DSCF3159 (640x480)

青森側坑口。こちらは落石覆いが設置してあります。

DSCF3162 (640x480)

落石覆いで扁額が前からは見えないけれど、下から覗いてみたら見えました。

DSCF3169 (640x480)

このピラスターの前にある何かの石台に座りやっとご飯?食べた。朝からなにも食べていない。

DSCF3164 (480x640)

やっとソイジョイを食す。笑 探索のときはなんだかいっぱい食べると気持ちわるくなる。ただの歩き疲れだろうけど。

DSCF3166 (640x480)

現道は車がびゅんびゅん楽しそうに男女が走っていくけど、ここに人がいることは誰も分かんないんだなと思うとちょっと面白くなって笑ってしまった。

DSCF3160 (640x480)

ちょっとだけ休憩してまたあの騒々しい現道に戻るのかと思ったら嫌になった。でも時間がないし当然戻った。笑
こちらは浅虫側入り口付近。

DSCF3172 (640x480)

現国道の反対側に戻る時車の往来が激しくてしばらく立ってたけど変なとこに立ってびっくりさせて皆さんごめんなさいでした。ヘへっ

次もまだ続きます...


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムー

Author:ムー
ムー♀の記憶の記録。青森県八戸市在住。
廃道、隧道、ダム、廃墟が好き。地味に活動中...

月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。