スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃校・H村T小中学校 その①

DSCF6762 (450x600)

じゃなかった…こんばんは(笑)

今回は久しぶりに長くなりそうです。どうぞお付き合いくださいませm(__)m


まず、行きましょうか。ここは私にとってガツンとくる所でした(笑)


現地に着き、上を見上げると「おー!あるある!」といっては駆けあがると…

DSCF6797 (450x600)

頭をドーンと叩かれたような思いが…目の前にまるでおぼっちゃまくんに出てくる
びんぼっちゃまくんの家のような体育館が!!!
だって道路からは普通だったんですよ。なんだか手が震えました。崩壊の仕方にグッときてしまいました。
興奮状態に(笑)
(ここは後のお楽しみに)

DSCF6609 (600x450)


脳内であの歌が駆け巡る←またか

♪予定調和の物語なら
君を求める意味がないんだ 
出尽くした理屈じゃ通らない
見た事もない形の
ケミストリー♪
(イニシアチブ/中田裕二ex 椿屋四重奏)

と感傷に浸る暇もなくこんな所にエンジンがかかってるトラックが(゜゜)
「うー人いるよー」と思いましたが車内にも周りにも見当たらないので
気にしないでバシャバシャ撮ってましたら…崩壊しかけた校舎からおじいさんが
満面の笑みで「何してるのー」って話かけてきてくれました。
ここの卒業生で見に来てたようです。5,6年前はもっとちゃんとしてた様です。
優しいおじいさんだったので中見せて頂いてもよろしいですか?と言ったら
「おぅ、みで、みでー」って言ってくれたので遠慮なく見させていただきました(笑)
でも、ほとんど外みたいでしたけど^^;

よしっ!じゃ深入りするぞ。

まず、校舎の外観から

DSCF6765 (600x450)

この小中学校は初め、小学校が明治30年開校し昭和27年中学校が併置し小中学校となりました。
平成3,4年頃廃校になったっぽいです。

DSCF6790 (600x447)

全景を撮りたかったのですが校舎を隠すかのように木が生えていて撮れませんでした。^^;
この外観はまだかろうじていい方でその周りは凄いことに…後に分かります。


DSCF6761 (600x450)


先ほどのおじいさんがこのポールを思いっきり揺らして「ほら、凄い揺れるでしょ」
と…^^;

DSCF6791 (450x600)

では、中へおじゃましまーす。うわっ凄い!

DSCF6611 (600x450)


DSCF6613 (600x450)

この日雨が降ったりしていたので床が湿って腐りまくっています。
あーこの苔蒸してるのすごい好きだー
出来るだけ壊すことは嫌なのでそーっと進みます。

DSCF6617 (600x450)

こんなになっても残しているのはここの土地だからなのでしょう。
ある意味貴重です。


DSCF6618 (600x450)

かつての校長室。

DSCF6619 (600x450)

本当は向こうまで校舎が続いていたんですよ…涙

DSCF6621 (600x450)


DSCF6622 (600x450)

一、級長ハ他ノ児童ノ模範タルベシ

DSCF6623 (600x450)

二、凡テ物品ハ大切ニ之ヲ取扱フべシ

DSCF6624 (600x450)

東京タワーとちりとり

DSCF6627 (600x450)

ここが校長室でした。

DSCF6629 (600x450)

昭和58年、生徒が書いたもの。修学旅行の思い出でしょうか。 

DSCF6630 (600x450)

寂しげに待つ置物

DSCF6631 (600x450)

このビーズ張り付けるの私もやったなー

DSCF6632 (600x450)


DSCF6634 (600x450)

中からみた校舎

DSCF6635 (600x450)

やっぱり廃墟の椅子が好き

DSCF6638 (600x450)

中が気になる

DSCF6639 (450x600)

どきどきの生徒指導要録

DSCF6640 (600x339)

生徒歯の検査標

DSCF6642 (600x450)

見ちゃった

DSCF6643 (600x521)

いつからの吸い殻なのでしょう(笑)

DSCF6646 (600x449)

KEYS

DSCF6647 (600x450)

【S52.7.5】のはんこ

DSCF6648 (600x450)

用なしになってしまった額縁たちの亡骸

DSCF6649 (600x450)

興味をそそる資料たち

DSCF6651 (600x450)

第一条 校舎内外ヲ教育上、

DSCF6653 (600x450)

衛生上有効ナラシムル様整理スルタメ掃除、

DSCF6671 (600x450)

窓ノ開閉、

DSCF6672 (600x450)

日覆ノ張替、

DSCF6674 (600x450)

机脚掛ノ整頓等ヲ行フ

DSCF6677 (600x450)


DSCF6675 (450x600)

第五条 運動会ハ毎年一回春季ニ於テ行フ

DSCF6678 (600x450)


次回に


DSCF6679 (600x450)


続く…


DSCF6680 (600x450)



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
























関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

例のあそこですね、こりゃまた豪快に崩れたもんだなあw

しかし、生徒の作品がそのまんま一緒に朽ち果てていくのは
何となく物悲しい気分にさせられます。俺の母校にも3年生の時に
美術展で表彰された絵があったはずだけど、今頃どうなってるのかなあ。

授業で適当に学校近所の家を描いただけなのに、タイトルが
「ぼくの家」として出品されたという曰くつきですけどw

Re: No title

「ぼくの家」のエピソード、ツボですwwwかなり笑わせてもらいましたw←私の中で

廃校に行くとよく生徒が描いた絵が無造作に置かれてるのをみるので
なんとも言えない気持ちになります。
銀スカさんの絵はちゃんとあること願ってます(笑)

私は小学1年生の時、先生に熱をあげられて「ムーは絶対、賞とれるから!」
と言われて、何故か付きっきりでアドバイス&指導を受けたのですが
完成の時に先生が結構手直ししてくれて…中途半端に銀賞を獲ったの
ですが、それを見ても素直に喜べなかった記憶が残りますw
心の中で「これ、私の力じゃないし…(._.)」みたいなw

はじめまして

友人に教えてもらいとても興味深く全記事拝見しました。
自分も青森出身で六戸のラブホ廃墟には行ったことがあるのでとても懐かしく思います。

自分が行ったことがある廃墟は松本の旧朝鮮学校や仙台の愛宕山横穴簿軍(あまり知られてない気はします)http://ciao66.exblog.jp/17322529

今は東京に住んでいるのですが結構取り壊しされたりしてるところが多くて残念です。府中航空自衛隊基地跡には凄く入りたいのですが完全に入れないようにされてしまったので凄く悔しく思っております。

勝手に長文コメント失礼しました…

Re: はじめまして

たきしさん、初めまして!コメントありがとうございます(^^)


あの六戸のラブホ廃墟をご存知とはなんか嬉しいです(笑)
私は今は活動範囲が狭いので分からなかったですが松本の旧朝鮮学校は取り壊されてしまったのですね…。
大きいコンクリート廃墟でしたのに残念ですね。八戸も10月から古い建物がどんどん取り壊されていって
更地だらけになって本当に寂しくなります。思い出も失われるようで…

仙台の愛宕山横穴はあの山行がのヨッキれんさんの記事で知っていて好きな記事です。
あそこに入ったことあるとは羨ましいです。仙台は近いし私もいつかは…入りたい(笑)

東京の方も取り壊しが多いのですね…(涙)府中航空自衛隊基地跡は初めて知りまして
今、ネットで拝見しました。遠くから眺めても素敵な感じの廃墟群ですね。蔦がたまらなく
夏に見てみたいです。中はもっと最高なんでしょうけど…
廃墟などはいつか!と思って行ったら取り壊されていたり、中に入れないようになって
いたり凄く悔しい思いをすることが本当多いですよね。だから、入れたり見れたりしたら奇跡と思う
ようにして全力で拝見しています(笑)

たきしさん、コメントに気がつかなく返事が遅くなり本当に申し訳ありません。
ブログの更新が滞っていますが(笑)ボチボチ更新していきますのでこれからもよろしくお願いいたします!
プロフィール

ムー

Author:ムー
ムー♀の記憶の記録。青森県八戸市在住。
廃道、隧道、ダム、廃墟が好き。地味に活動中...

月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。