スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラバー邸

こんばんはー! 

少しの充電期間を経てたまりにたまった画像をこれからどんどん放出していこうと思いますのでどうぞよろしくお願いしますm(__)m



そんな今日は~? 前回の廃ホテルに続いて今回も次回も廃ホテルで行こうと思います!


場所は五所川原にありますここっ!! じゃん!!

画像はいつもそのまま載せていますが今回は加工してみました。(全部ではないですが) 

DSCF5715 (600x432)


外観はなんとも面白みのない殺風景な外観です。なので期待はしてませんでした。
(なのにあんなことやこんなことが…!)

DSCF5735 (600x450)


DSCF5697 (600x450)


DSCF5698 (600x450)

最初にいいますが何十部屋ある中で入れたのは3部屋でした。
なのでその3部屋をこれから見ていきます。

まず、【佐賀 有明海】wという部屋。

DSCF5700 (600x450)

でも、中は面白いものがなかったのでこの壁紙のみ撮りました。

真ん中の人、ボブ・ディランのような風貌の船乗り(笑)

DSCF5702 (600x450)

「あーここは面白くないな」と思いつつ次の【宮城 松島】行きます。

DSCF5703 (600x450)

えっえっ? ビーナスの絵が見えた瞬間、胸高鳴る♪ 

DSCF5704 (600x450)

美女にお出迎えされました(笑)これは期待期待!!

ん?美女の隣にも絵がある!!

DSCF5705 (450x600)

おおー!!これはアダムとイブではないですか。でも、なんだか愛し合ってないように見えるのはなんで?

私に向ける視線も今は 熱を失い曇る硝子玉(硝子玉/椿屋四重奏)

という歌詞が浮かびました(笑)ううっ辛い

DSCF5706 (435x600)

では、中行っちゃいますよ♪ 

まず、ふっるーい大きなテレビ。壁紙は昭和な感じでいいですねぇ。

DSCF5708 (600x450)

全面鏡張り。モノクロにしてみましたー。

DSCF5709 (600x450)

ひゃー!!いい感じじゃないですか。私好みです。しかも、荒れてない(>_<)

六戸のホテル ダイ〇モンドを思い出します。

なんだよー外はあんなで中はこんなって隅におけないなぁ…ギャップに弱い私(笑)

DSCF5713 (600x443)

ちょっと安っぽいけどそれがいい。

DSCF5710 (436x600)

かなり奇麗な椅子ですね。

DSCF5711 (600x450)

しみ一つないまっ白なカーテン。

DSCF5716 (387x600)

天井もスッテキーーー

DSCF5717 (600x450)

かわいい車のベッドですね。ボロボロ感まったくなしで今にも寝れそうです。

シーツもまっ白。 

DSCF5718 (600x450)

ベッド側から見てみた。寝てはいません(笑)

白く塗りつぶした所はいつも一人で行く私には珍しい一緒に行った会社の先輩が写っていたのでいちお塗りました。

DSCF5719 (600x450)

今でも、営業できそうな部屋でした。

DSCF5720 (600x450)

それでは最後の3部屋ですよ!

部屋名は【札幌 すすきの 特室】です。本当ここの部屋名の付け方面白い。

あとで全部の部屋名、見れますのでお楽しみに!?

DSCF5734 (600x450)

2人目の美女にお出迎え。

物思いに耽る美女。美しい…

DSCF5723 (450x600)

3人目は意味ありげな美少女(笑)

DSCF5724 (450x600)

誰これ?

DSCF5731 (600x472)

お待たせしましたー。←誰も待ってない

全部の部屋名がこれに載っています。中にすごい名前ありますよ^^;

DSCF5733 (600x418)

お風呂と例の椅子

DSCF5728 (600x450)

昔のセット剤

DSCF5729 (600x450)


とってもこの赤が心地よくベッドも素敵だったのでここからは自分の世界…

あの歌が思い浮かぶ…




DSCF5725 (600x450)

いつか捧げた思いは 幻に変わり果てた
君が強く望むなら 罪をまた紐解こう


DSCF5726 (600x450)

力任せに求めて 隙間無く愛で染めて
朝が来れば消えてしまうから (螺旋階段/椿屋四重奏)

DSCF5727 (600x450)

その言葉に 逆らわずに
愛しさに埋め尽くされて 操られた心の思い通り

紅の夕焼けが滲んで あるがままの君を晒した
まだ手なずけられない恋が 踊りながら秘密暴いた
生温い感触にすがって その奥に滑らせていった
なす術なくゆだねる恋が 全ての留め金を外した (恋わずらい/椿屋四重奏)


DSCF5730 (600x450)


【おわり】



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

























関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

来ましたね、原爆の間www
実際は部屋名が変更されてて、玄関の表札は違うんですよね。

10年以上前に「神戸」に宿泊(←)したことがありますが、こっちは
クラシックカーのある部屋でした。ヘッドライトも点灯したと思います。
その当時に「原爆の間」を見てぶったまげました。

津軽在住の友人に尋ねたところ、2名が「覚えてる!」と言ってました。
弘前と木造のまったく別系統の友人たちですが、やはりインパクトが
あったんでしょうねw

Re: No title

いつもコメントありがとうございます!

えっ?実際の表札違いましたっけ!?入れる部屋を探すのに夢中で記憶があいまいです…

【原爆の間】見てみたかったな。よくその名前つける勇気があったなーと思います。
このホテルは簡単に日本一周できますねw部屋は全然ソレとは関係ないつくりなんでしょうけど。

【神戸】はクラシックカーでしたか…あーあの中にたくさんお眠ってるんだろうなー。

暗い部屋の中でヘッドライトだけが点灯ってなんかいいですね。
プロフィール

ムー

Author:ムー
ムー♀の記憶の記録。青森県八戸市在住。
廃道、隧道、ダム、廃墟が好き。地味に活動中...

月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。